安心・安全機能

トヨタセーフティセンスなど、さらに安全性を追求した、先進の安心・安全機能を搭載。

① トヨタセーフティセンス


①プリクラッシュセーフティ


低速から高速まで幅広い速度域で作動。
2種類のセンサーが車両などの障害物を検知します。


進路上の車両や歩行者(昼間)をレーザーレーダーと単眼カメラで検出。
衝突の可能性があると判断した場合には、警報を発して回避操作を促します。


警報ブザーが作動している時にブレーキを踏むと、強力なブレーキアシストが作動します


ブレーキを踏めなかった場合でも、自動ブレーキが作動します。例えば停止車両に対し自車の速度が30km/hの場合や、歩行者(昼間)との速度差が約20km/hの場合に、衝突回避または被害軽減を支援します。

はみ出さないをサポート。
道路上の白線(黄線)をセンサーで認識し、ドライバーがウインカー操作を行わずに車線を逸脱する可能性がある場合、ブザーとディスプレイ表示による警報でお知らせします。



②レーンディパーチャーアラート

レーンデパチャーアラート

はみ出さないをサポート。
道路上の白線(黄線)をセンサーで認識し、ドライバーがウインカー操作を行わずに車線を逸脱する可能性がある場合、ブザーとディスプレイ表示による警報でお知らせします。



③オートマチックハイビーム

夜間の見やすさをサポート。
ハイビームとロービームを自動で切り替え、夜間の歩行者などの早期発見をサポート。切り替え忘れを防ぐほか、手動操作の煩わしさも軽減します。



④先行車発進告知機能

前のクルマの発進をお知らせ。
信号待ちや渋滞で先行車に続いて停止し、先行車の発進に気づかずそのままでいる場合には、ブザーとディスプレイ表示でお知らせします。

トヨタセーフティセンスについて

② インテリジェントクリアランスソナー

インテリジェントクリアランスソナー[パーキングサポートブレーキ(静止物)]■インテリジェントクリアランスソナーは自動ブレーキまで働くシステムではありますが、必ず止まることを約束するものではありません。
道路状況、車両状態および天候状態等によっては作動しない場合があります。
また、衝突の可能性がなくてもシステムが作動する場合もあります。
詳しくは取扱書をご覧ください。



■安全運転を行う責任は運転者にあります。常に周囲の状況を把握し、安全運転に努めてください。
■ソナーの検知範囲、作動速度には限界があります。必ず車両周辺の安全を確認しながら運転してください。
■運転者自身でインテリジェントクリアランスソナーの自動ブレーキ制御を試すことはおやめください。
■インテリジェントクリアランスソナーの自動ブレーキが作動した場合でもブレーキ制御は2秒で解除されるため、そのまま前進・後退できます。また、ブレーキペダルを踏んでもブレーキ制御は解除されるため、再度アクセルペダルを踏むことで前進・後退できます。

③ パノラミックビュー

パノラミックビューモニター
車両を上から見たような映像をナビ画面に表示するパノラミックビューモニター。運転席からの目視だけでは見にくい、車両周辺の状況をリアルタイムでしっかり確認できます。